椎間板ヘルニア治療専門サイト

坐骨神経痛

電話でのご予約・お問い合わせはTEL06-6395-3366

〒532-0004 大阪市淀川区西宮原1-6-36

坐骨神経痛

 坐骨神経痛は、腰椎から出ている第4番と第5番の神経と、仙骨から出ている第1番、第2番、第3番の神経によって形成されています
脊髄から出た坐骨神経は、骨盤内を梨状筋の下を通って、大腿の後ろを下り、膝の裏で総腓骨神経と脛骨神経に分かれます。そして脛骨神経は、ふくらはぎの筋肉の中を、総腓骨神経は、ふくらはぎの外側を通って、足の裏側から指先までいきます。
そのため、坐骨神経が出ている脊髄や神経根に障害が起こると、坐骨神経が支配する臀部、大腿後面や外側、ふくらはぎの後面と外側、足底、足先まで痛みやしびれが走ります。

 脊柱管の中には馬尾神経が通り、馬尾神経の第1〜5腰椎の部分を腰神経、第1〜第5仙骨の部分を仙骨神経、そして尾骨の部分を尾骨神経と呼んでいます。馬尾は、腰椎と仙椎、尾椎から脊柱管を出ると、いくつもの神経に枝分かれしながら支配する筋肉や皮膚、臓器などに伸びています。

坐骨神経痛は膝を曲げる運動や背伸びなどの運動や、大腿部〜下腿部の後面・外面の間隔を支配します。

坐骨神経は、腰神経と仙骨神経が集まった神経であるため、坐骨神経痛のおもな原因は、腰神経と仙骨神経に連なった馬尾神経や神経根に起こった障害になります。

症状としては、
@常に殿部に痛み、しびれがある
A太ももの外側や裏、ふくらはぎ、踵などに痺れが続く
B足が激しく痛み、少し歩くと歩けなくなる
C腰を動かすと下肢の痛みが激しくなる
D安静にしていても、殿部や下肢が激しく痛んで眠れない
E下肢痛だけでなく、腰痛がある
F痛みやしびれ以外に、冷感やだるさがある
G体をかがめると痛くて、靴下を履けない
H立っていると足が痛んできて、立っていられない
Iお尻が痛くて座っていられない
Jクシャミや咳で腰に響く

 痛みの程度も、ズキズキ痛む、激痛が走るなどさまざまで、重症になると、排尿障害を起こして失禁したり、便秘がちになったりすることもあります。坐骨神経痛の症状は、片側の足に現れることが多いのですが、両側に現れることもあります。
坐骨神経痛を起こす疾患として、腰部椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、梨状筋症候群などがあります。

disc hernia椎間板ヘルニア

〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL 06-6395-3366
日曜日も椎間板ヘルニア治療を行っております。

椎間板ヘルニア治療院ロゴ

手技療法によって自然治癒力を最大限に引き出し、根本からの改善をサポート
する事をイメージしてます。
LINE