椎間板ヘルニア治療専門サイト

糖尿病

電話でのご予約・お問い合わせはTEL06-6395-3366

〒532-0004 大阪市淀川区西宮原1-6-36

糖尿病について

糖尿病膵臓から血糖値を下げるインスリンというホルモンが分泌されます。糖尿病とはこのインスリンが不足したり、インスリンの働きが悪かったりするために血糖値と呼ばれる血液中のブドウ糖濃度が増え、身体にさまざまな障害が起きる病気です。

しかし糖尿病の初期は自覚症状がないため糖尿病だと気づかずそのまま放置しています。そのため糖尿病が進行すると網膜症・腎症・神経障害などの三大合併症が生じてきます。   

糖尿病の三大合併症のうち最も早期に出現してくるのが糖尿病性神経障害になります。この神経障害は高血糖が持続することにより神経が変性したり、神経を栄養する毛細血管の障害で血流が低下することが発生します。糖尿病神経障害は高血糖によって身体のすみずみにまで広がる「末梢神経」の働きが低下して起こります。

末梢神経には痛みや温度を感じる「知覚神経」と手足など筋肉を動かす「運動神経」があります。高血糖が持続するとまず長い神経の末梢の感覚神経から障害が現れてきます。手足の先から左右対称に出現し夜間に増強してストッキング状に拡大するのが特徴です。

症状として手足の指先がジンジンしたり、足の正座したあとのようなシビレや痛みを感じたり、足底に紙が貼りついた感じ、虫が這っているような知覚異常としてみられます。知覚神経が障害を受けてさらに症状が進行すると運動神経にも障害が現れ筋肉に力が入りにくくなります。 

この糖尿病性神経障害が 椎間板を包んでいる背骨や骨盤など骨格を支えている筋肉の神経に影響してくると身体の歪みが生じてしまい椎間板ヘルニアを発生させます





































disc hernia椎間板ヘルニア

〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL 06-6395-3366
日曜日も椎間板ヘルニア治療を行っております。

椎間板ヘルニア治療院ロゴ

手技療法によって自然治癒力を最大限に引き出し、根本からの改善をサポート
する事をイメージしてます。
LINE