本文へスキップ

小殿筋

電話でのご予約・お問い合わせはTEL06-6395-3366

〒532-0004 大阪市淀川区西宮原1-6-36

椎間板ヘルニアに関係する筋肉について

小殿筋について

小殿筋は、大殿筋・中殿筋に覆われる扁平三角形の形の筋肉で股関節の外転筋になります。

中殿筋と働きは同じですが中殿筋よりも下層にあります。

片足立ちした時に立っているほうの小殿筋や中殿筋は股関節を骨盤に固定して、反対側の脚をしっかり持ち上げられるように働きます。しかしこの筋肉群が弱いとフラフラして片足立ちをしても安定しません。悪い場合は、バランスをとることができず転倒してしまいます。(片足立ちして、持ち上げている方のお尻が、極端に下がったり、安定しなかったりする検査を、トレンデンブルグと呼んでいます。)

この筋肉の触診は、殆んど出来ません。この筋肉も関連痛は坐骨神経の痛みに似ているため坐骨神経痛と間違えられやすいです。

【起始】
・腸骨翼の外面で前殿筋線と下殿筋線の間、小殿筋下殿筋線の下方から起こり、筋肉の束は下外側方に向かいます。

【停止】
・大腿骨大転子の内面

【作用】
・股関節の外転、内旋(股関節の屈曲・伸展・外旋の補助)

【神経支配】
・上殿神経(L4・L5・S1)

【血管支配】
・上殿動脈、外側大腿回旋動脈

【関連痛】
・臀部、下肢の外側、下肢の後面




















disc hernia椎間板ヘルニア

〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL 06-6395-3366
日曜日も椎間板ヘルニア治療を行っております。

椎間板ヘルニア治療院ロゴ

手技療法によって自然治癒力を最大限に引き出し、根本からの改善をサポート
する事をイメージしてます。
LINE