椎間板ヘルニア治療専門サイト

エクササイズ

電話でのご予約・お問い合わせはTEL06-6395-3366

〒532-0004 大阪市淀川区西宮原1-6-36

エクササイズについて

ストレッチ椎間板ヘルニアには、急性期の椎間板ヘルニアと慢性期の椎間板ヘルニアに分けられます。

椎間板ヘルニアにストレッチや体操は効果的ですが、まず今の症状が急性期なのか慢性期なのかを判断することが重要です。

急性期・・・約48時間炎症反応が続いています。症状として激しい痛みや熱、腫れ、赤みがみられ安静、冷やすことが主になります。

慢性期・・・急性期が発症して約48時間以降の事をいいます。激しい痛みや熱、赤み、腫れ等が軽減するので温め、軽度に身体を動かすことが主になります。

急性期の場合は椎間板ヘルニアの一番辛い時期です。だから安静が基本ですからストレッチは軽いものにしなければなりません。しかし激しい痛みや患部に熱がでたりと症状が悪化するようであればすぐにストレッチは中止し安静にしましょう。

急性期の症状としてそれぞれ神経支配に沿った強い痛みやシビレを感じ日常生活に支障をきたします。さらに症状を感じる方の足が敏感または鈍感なために足を動かすことが困難で寝返りをすると足に激しい痛みを感じます。

次に慢性期のストレッチや体操などは有効的です。しかし無理して体を動かすのではなくゆっくりと無理のない運動から始めるとより効果が高まります。

慢性期の症状としては常に感じていた激しい痛みの症状も軽くなり痛む時間も短くなり、多少痛みを感じても立ったままや歩きにくい、座りにくいなどといったことが少しずつ軽減してきます。

ストレッチや体操は背骨を支えている筋肉に疲労を溜めず筋肉の柔軟性を保ち、姿勢のバランスが崩れないように行うのが有効です。

姿勢のバランスが崩れたままだと椎間板や背骨や骨盤の関節の負担がかかり、それが椎間板ヘルニアを発生させます。

毎日の仕事や家事、育児、スポーツなどありとあらゆる場面の生活習慣で体の同じ部分に負担がかかりやすくなっています。

椎間板ヘルニアが出る前に1日のうちに数回、それが難しければ1日の終わりに1回だけでもストレッチ体操を行い身体の1部分への負担が軽減されることが椎間板ヘルニアの予防になります。


温泉療法温泉療法





disc hernia椎間板ヘルニア

〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL 06-6395-3366
日曜日も椎間板ヘルニア治療を行っております。

椎間板ヘルニア治療院ロゴ

手技療法によって自然治癒力を最大限に引き出し、根本からの改善をサポート
する事をイメージしてます。
LINE