椎間板ヘルニア治療専門サイト

スポーツとヘルニア

電話でのご予約・お問い合わせはTEL06-6395-3366

〒532-0004 大阪市淀川区西宮原1-6-36

スポーツとヘルニアについて

スポーツ スポーツ活動で身体を使って走る、跳ねる、反る、捻る等の様々な動きを行います。そして運動で繰り返される動作、使い過ぎなどから椎間板に過剰な負荷がかかり腰椎椎間板ヘルニア発生し腰痛や下肢痛などが引き起こされるようになります。

 このような事が起こりやすい主なスポーツは野球、水泳、ゴルフ、テニス、バスケットボール、エアロビクス、ダンス、卓球、ラグビーなどの中腰で身体を捻る動作が多いスポーツがあります。日常でも腰に負担のかかる動作として中腰の姿勢、さらには捻る動作が最も影響をうけるのですが、スポーツとなると運動の衝撃、激しい運動のための身体のゆがみ、力強さが加わるので椎間板ヘルニアになりやすいのです。椎間板ヘルニアだからといってスポーツ選手だけの特有の症状はみられません。

 また成長期の若年者ではスポーツ活動に伴う椎間板ヘルニアの中に成長期に特有の椎体骨端核の離開が多く認められます。これは椎体の骨が、過剰な運動により剥離してしまい、その欠片が椎間板を圧迫するためにヘルニアが起こります。

 若年性の椎間板ヘルニアではSLRテストが強い陽性反応を示します。椎体後方の障害は運動後の腰痛が初めに症状と感じ、椎体後方に骨のかけらが発生した場合は強い坐骨神経痛を感じます。そして15歳以下ではSLRテストの強い陽性反応に加えて、腰椎の前弯の減少、側弯、腰や背部の筋肉の過緊張を伴った腰痛と下肢痛あるいは歩行異常が特徴です。症状を訴える順番として多いのは下肢の痛み腰痛と下肢の痛み腰痛となっておりこのような人たちでも腰痛を1回以上は経験しています。
ほっとくと痛みがきつくなり、慢性化してしまうことが多いので、痛みが起きたときは早めに医療機関を受診しましょう。






disc hernia椎間板ヘルニア

〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL 06-6395-3366

椎間板ヘルニア治療院ロゴ

手技療法によって自然治癒力を最大限に引き出し、根本からの改善をサポート
する事をイメージしてます。
LINE