本文へスキップ

SSP療法

電話でのご予約・お問い合わせはTEL06-6395-3366

〒532-0004 大阪市淀川区西宮原1-6-36

SSP療法

当院では、より効果的な治療法を目指し電気治療を行っています。この電気治療(SSP療法は)東洋医学の鍼治療の応用で、鍼を使わずツボ刺激ができ、鍼治療と同様の効果を発揮する治療法です。

SSP療法の効果

  硬くなってしまった筋肉を柔らかくすることができます。

  痛みの緩和が可能です。

  マッサージではとどかない深い筋肉まで治療効果が見込めます。

  血液循環がよくなり、自然治癒力が高まります。

   これらの効果が期待できます。

特殊な金属電極を用いた経皮的ツボ電気刺激

SSPSSP療法とは、「SSP電極を”ツボ”に置き、低周波通電を行うツボ表面刺激法」のことをいいます。
”SSP”(=Silver Spike Point)と呼ばれる特殊な金属電極を用いた経皮的ツボ電気刺激です。

SSP療法は、中国の針麻酔をベースに、大阪医科大学麻酔科によって「刺さない針治療」という発想から開発された治療法です。ツボ刺激の効果も研究者の間で広く知られ、安全な痛みの治療法として臨床応用されてきました。

SSP電極について

SSPSSPの通電場所は三角形でコマのような形をしています。この三角の形状が効果的にツボを刺激します。この、三角の構造を空気圧で皮膚に密着させ電気治療を行います。

治療効果を三角形の先端に集中し、鍼治療のような効果を期待できる最新の電気治療です。

SSP療法の利点

「刺さない鍼」として発展してきたSSP療法は、鍼治療にはないいくつかの利点があります。
 鍼を刺す痛いという事は全くなく、初めての方でもリラックスして治療が受けられます。
 鍼が怖い方でも安心して治療を受けることができます。
 副作用や合併症がありません。
 鍼治療ではないのに、鍼治療に近い効果が見込めます。

slipped disk椎間板ヘルニア

〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL 06-6395-3366
椎間板ヘルニアブログ

椎間板ヘルニア治療院ロゴ

手技療法によって自然治癒力を最大限に引き出し、根本からの改善をサポート
する事をイメージしてます。
LINE