本文へスキップ

電話でのご予約・お問い合わせはTEL06-6395-3366

〒532-0004 大阪市淀川区西宮原1-6-36

椎間板ヘルニアの代表的な症状

こんにちは、鍼灸師の沖田です。

椎間板ヘルニアの代表的な症状は、激しい腰の痛みや足の痺れです。
痛みや痺れは、物を持ったり、前かがみの姿勢になったときに強くなることが多く、おじぎ(前屈)が出来ないといった運動制限も起こります。
物を持ったり、前かがみになると椎間板内の内圧が高まり、ヘルニアが後方の神経根を強く圧迫、刺激します。そのため、症状が強くなるのです。逆に、姿勢によっては、痛みが軽くなるのもこのためです。また、坐骨神経に繋がっている神経の根元が刺激されると「坐骨神経痛」が現れます。腰だけでなく、足に響くような痛みや痺れが出てきます。
さらに、ヘルニアが脊髄の末端に続く馬尾神経まで障害すると、膀胱などの働きのにも影響して、排尿などの異常が見られる事もあります。この場合は重症といえます。
なので、早期に治療することをおすすめします。

2012年7月31日

disc hernia椎間板ヘルニア

〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL 06-6395-3366
日曜日も椎間板ヘルニアの治療を行っております。
最寄駅は新大阪駅で新大阪駅から徒歩8分です。

椎間板ヘルニア治療院ロゴ

手技療法によって自然治癒力を最大限に引き出し、根本からの改善をサポート
する事をイメージしてます。
LINE