椎間板ヘルニア治療の流れ本文へスキップ

治療の流れ

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.06-6395-3366

〒532-0004 大阪市淀川区西宮原1-6-36

ご来院からの流れflow

『椎間板ヘルニアの治療ってどんな事をするんだろ?]』
『どんな手順でするんだろ?』って不安ですよね。
初めて椎間板ヘルニアの治療をお受けになる前に、安心して椎間板ヘルニアの治療が受けられるように、椎間板ヘルニアの治療の基本的な流れを記載します。

(1)玄関

玄関院内に入られましたら、右側にゲタ箱とスリッパケースがございます。
靴を脱がれてゲタ箱に入れ、スリッパにお履き替えください。
※スリッパは使用後すぐに紫外線殺菌を行っています。また、全てのスリッパを2カ月おきに新しいものに変えております。ご安心ください。




(2)問診票のご記入

受付次に受付です。
受付では、ご予約いただいた時間と名前、初診である事をお伝えください。
問診票をお渡しいたします。その後、問診票をご記入していただきます。

※問診票には、お分かりになる範囲でできるだけ詳しくご記入ください。正確な情報をいただければ、その分改善は早まります。


(3)カウンセリング

カウセリング記入していただいた問診票をもとにお話をして
『どの辺りに痛みがありますか?』
『しびれはありますか?』
『椎間板ヘルニアと診断されたのはいつですか?』
『発症してからの症状の経過はいかがですか?』
『咳やクシャミ・いきみでシビレはありますか?』
などをご質問いたします。ここで得られた情報を基に治療の計画を立てます。



(4)検査

 今現在起こっている痛みやしびれの原因をチェックします。
 椎間板ヘルニアの場合には、痛みの原因が椎間板ヘルニア自体による場合もありますが、多くの場合で椎間板ヘルニア以外の要因(骨格のゆがみや筋力バランス、炎症)等によって症状が引き起こされています。

(5)説明

 カウンセリングと検査をもとに、これから行う施術内容をていねいに分かりやすく説明いたします。施術方法などわからない事があれば何でも相談・質問してください。専門用語を使わずわかりやすく説明いたします。

(6)施術

 当院での椎間板ヘルニア治療は、東洋医学的鍼灸治療もしくは整体療法を選択していきます。
痛みのない施術方法で、腰の骨格や筋肉のバランスを矯正していきます。
症状が強く現れているような場合には鍼灸治療を行う事もあります。今現在の状態に合わせて行いますのでご安心ください。
また腰椎牽引療法を選択することもあります。腰椎牽引を行うことによって椎間板ヘルニアの本体に対する治療目的と、脊柱を支えている筋肉に対してストレッチを行います。
 ※腰椎牽引療法は必要な方だけに行います。

(7)治療後の効果測定

 ソフトな施術で、施術前と施術後の変化をすぐに体感でき皆様が楽しみにされています。椎間板ヘルニアの治療では、腰の痛み、足のしびれなど様々なお悩みに対応しております。
身体を動かして治療前と比べ、どの辺りがどのぐらい変化したのかチェックしていきます。


(8)治療後の説明

治療後の説明 施術後に、日常生活での注意点やエクササイズなどをご説明いたします。
このときに分からない事があればご質問ください。




disc hernia椎間板ヘルニア

〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL 06-6395-3366
日曜日も椎間板ヘルニア治療を行っております。

椎間板ヘルニア治療院ロゴ

手技療法によって自然治癒力を最大限に引き出し、根本からの改善をサポート
する事をイメージしてます。
LINE