椎間板ヘルニア治療専門サイト

反り腰

電話でのご予約・お問い合わせはTEL06-6395-3366

〒532-0004 大阪市淀川区西宮原1-6-36

反り腰

 反り腰を普段から気にされている方、反り腰とは?と知らない方、様々な方がおられると思います。反り腰を簡単にチェックできる方法があります。

仰向けで床に寝たとき、腰は浮いていますか?それともぴったりと手が入らないぐらい床にくっついていますか?

 もし手が入る、浮いているような場合は、腰が反っている可能性が高いです。言わゆる『反り腰』の状態です。解剖学的に言うと『腰椎の前弯が増強している状態』になります。脊椎は通常、緩やかなS字状のカーブをしています。そのためもともとの形状でも腰は少し前に反っています。しかし、反り腰になるということはカーブが急になりすぎているので、脊柱に対して負担をかけている事になり、様々な疾患に繋がるケースが多いです。原因は、腹筋などの筋力低下、骨盤の歪み、様々なことが考えられますが、ほとんどの場合、普段の生活の中での姿勢が影響しています。男女比は、ほとんどの場合、女性に多く、これはヒールなど踵の高い靴を履くことが多いなどの外的な要因が多いためだと考えられます。
反り腰が原因で起きる腰痛で、椎間関節性腰痛があります。ひどくなると脊柱管狭窄症になる可能性もあるので注意が必要です。このページの先頭へ














disc hernia椎間板ヘルニア

〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL 06-6395-3366
日曜日も椎間板ヘルニア治療を行っております。

椎間板ヘルニア治療院ロゴ

手技療法によって自然治癒力を最大限に引き出し、根本からの改善をサポート
する事をイメージしてます。
LINE