椎間板ヘルニア治療専門サイト

腰を伸ばすときの腰椎・骨盤リズム

電話でのご予約・お問い合わせはTEL06-6395-3366

〒532-0004 大阪市淀川区西宮原1-6-36

体を伸ばす時の腰椎骨盤リズムについて

膝を伸ばした状態での体の正常な伸展運動はおじきの姿勢(股関節の伸展)から始まり続いて腰椎が伸びてきますします。この正常な腰椎骨盤リズムでは、腰部の伸筋やその下にある椎間関節・椎間板の負担が軽度であるため、高い力から腰部を保護しています。

体をおじぎした状態から体を起こそうと開始した時に腰部にかかる屈曲力は最大であり、腰部を伸ばそうとする強力な伸展力の股関節伸筋(ハムストリングと大殿筋)で股関節が伸展することにより体が大きく伸びてきます。これは、体が十分に起きあがっていくことにより体重による力が小さくなってはじめて腰部伸筋の力が増大していくからです。

そして、腰椎が伸びることで更に体を大きく伸ばすことができます。完全直立位になってから体重による力が股関節の後側の位置に戻ってくると、股関節と背筋の筋肉はほとんど活動しなくなります。






















































椎間板ヘルニア治療院大阪東洋医学治療センター

〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL 06-6395-3366
Mail info@nomuraseikotuin.com