椎間板ヘルニア治療専門サイト

椎間板ヘルニアからの神経症状

電話でのご予約・お問い合わせはTEL06-6395-3366

〒532-0004 大阪市淀川区西宮原1-6-36

椎間板ヘルニアからの神経症状

椎間板ヘルニアからの神経症状

椎間板ヘルニアからの神経症状は大きく分けて3つあります。

それは運動神経の障害の症状知覚神経の障害の症状自律神経失調症による症状があります。

運動神経の障害については、筋肉が弱ることにより筋力低下がおこり、腰から足にかけて支配されている神経の股関節・膝関節・足関節の障害がおこります。

これは、太ももの後側〜ふくらはぎの裏までの筋肉の異常が出現するからです。

また膝から下の筋肉のほとんどは坐骨神経に支配を受けています。

つまり運動神経支配領域に椎間板ヘルニアで異常が起こることで、筋肉の痛みや関節の痛みの違和感となります。

さらに神経の障害が悪化してくると太もも〜ふくらはぎ・足の支配されている筋肉は萎縮、または麻痺してきます。

知覚神経の障害については、お尻の辺り〜足のつま先にかけてまで神経の走行に沿ってズキズキと刺すような鋭い痛みを感じます。

痛みの種類は安静にしていても痛みを感じる持続した痛みと、腰から足を動かすことによっての運動したときの痛みがあります。

知覚の異常は感覚が鈍くなる、シビレ、皮膚の痛み、冷えた感じなどの症状が出てきます。

これらは神経障害されている支配神経の場所によって出てくる症状が違ってきます。

自律神経失調症のタイプの痛みは運動神経、知覚神経、それぞれが支配している自律神経の交感神経の過剰興奮により筋肉の緊張が強くなり、血管が縮こまるために血液循環悪くなり痛みを強く感じます。

多くの椎間板ヘルニアは、知覚異常から始まります。次に、筋肉の弱くなり、痛みがあらわれます。さらに症状が悪化すると、筋肉の麻痺や萎縮が出てきますので、十分注意が必要です。






















disc hernia椎間板ヘルニア

〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL 06-6395-3366
日曜日も椎間板ヘルニア治療を行っております。

椎間板ヘルニア治療院ロゴ

手技療法によって自然治癒力を最大限に引き出し、根本からの改善をサポート
する事をイメージしてます。
LINE