椎間板ヘルニア治療専門サイト

仙腸関節障害

電話でのご予約・お問い合わせはTEL06-6395-3366

〒532-0004 大阪市淀川区西宮原1-6-36

仙腸関節障害と椎間板ヘルニアについて

仙腸関節障害とヘルニア仙腸関節障害は腰に釘をさしこまれるような痛みが出て、立ち上がる時や中腰の姿勢がつらくなり足までシビレがでるようになる感覚があります。

 この仙腸関節障害は片側だけの負荷や重たい物を持っての身体の捻りや中腰の姿勢で長い時間作業を行っていたり腰を反った姿勢の場合、仙腸関節の関節面に過剰な負荷がかかるため仙腸関節周囲の筋肉が緊張し、腰から足にかけて様々な場所に痛みが発生します。

しかし、この仙腸関節障害が慢性的に持続すると腰からお尻にかけての筋肉に過剰な負担がかかり骨盤と背骨の歪みを生じるため椎間板ヘルニアを発生させます。また筋肉に負担をかけ続けることにより、ヘルニア以外の疾患(梨状筋症候群や中殿筋症候群)が起きる可能性もあります。

 仙腸関節障害であれば片側の上後腸骨棘を中心とした仙骨外側縁のあたりの痛みで多くの人が太もも、ふくらはぎ、足までもシビレを訴えるのが特徴的です。

 これは椎間板ヘルニアによる根性坐骨神経痛に同じにみえますが、痛みではなく、シビレ、ツッパリ感を強く感じてしまいます。

またシビレは明確な感覚の鈍痛でなく、椎間板ヘルニアのようにはっきりとした神経支配領域の痛みがありません。

急性期の痛みで改善していけば痛みはすぐに改善されますが、慢性になるとしつこい痛みになり椎間板ヘルニアを発症してしまうので注意が必要です。




































disc hernia椎間板ヘルニア

〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL 06-6395-3366
日曜日も椎間板ヘルニア治療を行っております。

椎間板ヘルニア治療院ロゴ

手技療法によって自然治癒力を最大限に引き出し、根本からの改善をサポート
する事をイメージしてます。
LINE