本文へスキップ

梨状筋

電話でのご予約・お問い合わせはTEL06-6395-3366

〒532-0004 大阪市淀川区西宮原1-6-36

椎間板ヘルニアに関係する筋肉について

梨状筋について

梨状筋は字の通りで「梨状の形」をした筋肉です。

股関節を外側に回転させ太ももを外に外旋させる筋肉です。内閉鎖筋、外閉鎖筋、大腿方形筋、上双子筋、下双子筋、これらの筋肉が外旋筋群として協力して働きます。
梨状筋
梨状筋は、股関節を固定すると仙骨を後ろに伸ばし、仙骨を固定すると股関節を外に回転させます。また、梨状筋は中殿筋・小殿筋・大腿筋膜張筋と並んで痛みが遠隔部まで放散します。梨状筋の部分に坐骨神経が通過しているため、この筋の緊張によって坐骨神経が刺激を受けることにより“坐骨神経痛”が生じます。梨状筋によって坐骨神経痛が発症している場合『梨状筋症候群』といいます。

梨状筋症候群は、梨状筋に神経を締め付けられるものと、神経自体が梨状筋の内部に入り込んでいるのパターンがあります。そして梨状筋からの関連痛と坐骨神経痛が組み合わさることで太ももの後ろから足の裏まで痛みが出ることがあります。

坐骨神経痛と椎間板ヘルニアのシビレとの鑑別が必要になります。

この筋肉の触診は、殆んど出来ません。この筋肉も関連痛は坐骨神経の痛みに似ているため坐骨神経痛と間違えられやすいです。

 【起始】
仙骨の前面の上方にある3つの前仙骨孔の間およびその周囲から始まり、筋肉は外側の方へ向かって集まり大坐骨孔を通って骨盤腔を出ます。

【停止】
・大腿骨大転子の上面

【作用】
・股関節を外側に回転させます(外旋)

【神経支配】
・仙骨神経叢(L5・S1・S2)

【血管支配】
・上殿動脈、下殿動脈

【関連痛】
臀部、大腿後面




















disc hernia椎間板ヘルニア

〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL 06-6395-3366
日曜日も椎間板ヘルニア治療を行っております。

椎間板ヘルニア治療院ロゴ

手技療法によって自然治癒力を最大限に引き出し、根本からの改善をサポート
する事をイメージしてます。
LINE