本文へスキップ

内転筋

電話でのご予約・お問い合わせはTEL06-6395-3366

〒532-0004 大阪市淀川区西宮原1-6-36

椎間板ヘルニアに関係する筋肉について

内転筋について

 内転筋は大内転筋、短内転筋、長内転筋からなり、そのなかでも大内転筋は最も強い筋肉です。長内転筋は、3筋の中で最も前方に位置します。短内転筋は、大内転筋の前方に位置します。内転筋群は腹筋をサポートし、骨盤の開きに関係する筋肉になります。腹筋が支えられなくなると、腹圧が低下し腰椎に負担がかかります。ヘルニアを悪化させる要因にもなります。また内転筋が低下することにより、重心バランスが崩れ、体の歪みや足の疲労感を引き起こすことが考えられます。

【起始】
・恥骨の前面(恥骨枝)
・大内転筋は坐骨結節

【停止】
・股関節から膝関節までの大腿骨内側


【作用】
・筋全体としては股関節の内旋、外旋
・長、短内転筋は伸展位にある大腿を屈曲させる。屈曲位にある大腿を伸展させる。


【神経支配】
・大内転筋:閉鎖神経の後枝(L2、3、4)坐骨神経の脛骨神経部(L4、5、S1)
・短内転筋:閉鎖神経の前枝(L2、3、4)※後枝からの神経支配を受けることもある。
・長内転筋:閉鎖神経の前枝(L2、3、4))


【関連痛】
・大内転筋:股関節前面周囲、膝上5〜8cm上部
・長、短内転筋:大腿前面内側で、鼡径靭帯から膝関節内側にかけて出現





























disc hernia椎間板ヘルニア

〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL 06-6395-3366
日曜日も椎間板ヘルニア治療を行っております。

椎間板ヘルニア治療院ロゴ

手技療法によって自然治癒力を最大限に引き出し、根本からの改善をサポート
する事をイメージしてます。
LINE