本文へスキップ

内腹斜筋

電話でのご予約・お問い合わせはTEL06-6395-3366

〒532-0004 大阪市淀川区西宮原1-6-36

椎間板ヘルニアに関係する筋肉について

内腹斜筋について

 内腹斜筋は腹筋の一つで、そのほとんどが外腹斜筋に覆われます。腹直筋・腹横筋らと共に、肋骨部から骨盤部へと走行し、体を前屈・側屈・回旋させる働きがあります。内腹斜筋は、外腹斜筋の内側に張り付き、腹壁を作る一つの筋として働いています。これらの筋肉は、単に体幹を動かすだけでなく、腹腔内圧を高めたり、内臓の位置を安定したり、排便を助けたりしています。内腹斜筋の筋肉が付いている方向は、外腹斜筋と反対になっています。このため、腹筋運動の際の、内腹斜筋は、反対側の外腹斜筋と共に働きます。体内コルセットの一部分でもあり、この筋を強化することにより骨盤が安定するため、腰痛の予防にもなります。そして椎間板を圧迫しないように体を支えています。

【起始】
・深腸骨筋膜、鼡径靭帯の外部、腸骨稜の前半分、胸腰筋膜内腹斜筋

【停止】
・第10〜第12肋骨の下縁、腹直筋鞘、白線

【作用】
・胸腰椎の同側回旋
・胸郭を引き下げ、脊柱を前方および同側に曲げる。また胸郭を固定すると骨盤を引き上げて腹圧を高めます。

【神経支配】
・肋間神経(Th5〜Th12)
・腸骨下腹神経(L1)
・腸骨鼡径神経(L1)

【関連痛】
・胸部、下腹部





























disc hernia椎間板ヘルニア

〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL 06-6395-3366
日曜日も椎間板ヘルニア治療を行っております。

椎間板ヘルニア治療院ロゴ

手技療法によって自然治癒力を最大限に引き出し、根本からの改善をサポート
する事をイメージしてます。
LINE