椎間板ヘルニア治療専門サイト

閉塞性動脈硬化症

電話でのご予約・お問い合わせはTEL06-6395-3366

〒532-0004 大阪市淀川区西宮原1-6-36

閉塞性動脈硬化症について

閉塞性動脈硬化症閉塞性動脈硬化症は動脈が硬くなることが原因で、両足への血液循環が悪くなることで慢性的な血液循環障害を引き起こす病気のことです。

これは足の慢性的な血流障害により動脈の血管内に中性脂肪などのドロドロとした物質がくっついてしまうために血管内が狭くなってしまうので血液が流れにくくなり血栓ができて血管を塞いでしまいます。

これにより足のしびれや痛み、だるさ、冷えなどの症状を感じるようになります。

この病気と深く関係している病気として高脂血症や高血圧、糖尿病、肥満などの生活習慣病などがあげられます。

またストレスなどによる自律神経失調症も原因のひとつです。

閉塞性動脈硬化症は慢性的に血液が腰から足先まで十分に流れてこないため筋肉の酸素・栄養不足になり歩けなくなる、動かしにくくなるなど筋肉が弱くなります。

これをこのまま放っておくとますます動脈が硬くなってゆき血液循環がさらに悪くなり、最後には筋肉に酸素と栄養が不足するために足が腐り始めます。

始めは両足の冷えやシビレ程度しか感じません。しかし、症状が進行すると間欠跛行が出始めるとともに激しい痛みと足先端の壊死が始まるとても怖い病気です。間欠性跛行は脊柱管狭窄症でもみられる症状なので鑑別が必要になります。

この閉塞性動脈硬化症は初めの内は脚のシビレや痛み、冷たい感覚などのため椎間板ヘルニアと似たような症状があらわれます。

しかし閉塞性動脈硬化症と椎間板ヘルニアの違いは足の指先の脈や足の甲の脈を検査することで判断がつきます。

また症状が椎間板ヘルニアと似ていますが、椎間板ヘルニアでは座ったり前傾姿勢で痛みが増強されるのに対して閉塞性動脈硬化症では立ったまま休むだけで痛みがとれるのが特徴です。

























disc hernia椎間板ヘルニア

〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL 06-6395-3366
日曜日も椎間板ヘルニア治療を行っております。

椎間板ヘルニア治療院ロゴ

手技療法によって自然治癒力を最大限に引き出し、根本からの改善をサポート
する事をイメージしてます。
LINE