椎間板ヘルニア治療専門サイト

子供とヘルニア

電話でのご予約・お問い合わせはTEL06-6395-3366

〒532-0004 大阪市淀川区西宮原1-6-36

子供と椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアは姿勢の悪さが原因で起こるものが少なくありません。

実際、昔と比べると子どもたちが椎間板ヘルニアの症状を持っているのが増大しています。
その原因として猫背・身体の歪み・運動不足など子供の悪い生活習慣があるからです。

特に子供の頃からの悪い姿勢は習慣化してしまいます。大人になって姿勢を改善しようとして頑張っても癖になってしまった筋肉の緊張や体の歪みなどは正しい姿勢に改善していくまでなかなか根気が必要になります。

大人もそうですが子供も自分達の姿勢が悪いことに気付いていないのです。子供の頃から姿勢を意識することで椎間板ヘルニアを未然に防ぐことができるのです。

子どもたちが姿勢を悪くする原因は、心理的と動作的、物質的な要因があります。

まず心理的な要因としてあげるならば学校で人間関係がうまくいかずうつむき加減でいる子供や勉強をイヤイヤしている子供の姿を観ると、考えながら頬杖をつき体をくねらせ背中を丸くして前屈みになるといった姿勢が多くなります。これが長い時間続いてしまうとその姿勢に歪んでしまうのです。

次に動作的な要因として子供の運動能力低下です。
子供をとりまく周りの環境の影響からゲームやパソコンなどの知的な遊びにぼっとうしてしまい外で遊んで体を動かすことをせず運動不足になります。運動不足や体を使った遊びが不十分でも、姿勢不良は起こります。

これは発育過程において体は急速に発育するが体を支える為の筋肉や靱帯の発達がこれに追いつかなくなりその結果、体を支えることができず不姿勢不良を招いてしまうのです。

子供は野菜が嫌いな子が多いです。野菜に限らず最近、欧米化してきた日本の食生活は偏った食事バランスの爲、肥満に限らず筋肉の発達など健康に影響を及ぼします。

誰でも好き嫌いはあるものですが子供の場合は発育段階なので栄養バランスよく食事を行い、骨や靭帯、筋肉などの健康的な発育を目指しましょう。

以上のような要因から不良姿勢が作られ、その結果椎間板に対する圧力が増大して椎間板ヘルニアを発症してしまうのです。

もし子供さんの姿勢がおかしいなと思ったら椎間板ヘルニアになる前に姿勢の改善を早期に行うことをお勧めします。このページの先頭へ




disc hernia椎間板ヘルニア

〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL 06-6395-3366
日曜日も椎間板ヘルニア治療を行っております。

椎間板ヘルニア治療院ロゴ

手技療法によって自然治癒力を最大限に引き出し、根本からの改善をサポート
する事をイメージしてます。
LINE