椎間板ヘルニア治療専門サイト

検査法

電話でのご予約・お問い合わせはTEL06-6395-3366

〒532-0004 大阪市淀川区西宮原1-6-36

椎間板ヘルニアの検査法について

検査椎間板ヘルニアによる痛みがでているかどうかによる検査法を紹介します。治療を行う上で、検査の正確性が大切になります。一つの部位だけでなく、複合的に発生していることがあるので症状や症状の部位を特定する目的で行ないます。
検査は道具や機械は使用せず検査する人の技術と指導により体を動かして行います。これにより大掛かりな機械や設備を必要とせずに症状の部位を特定していきます。

椎間板ヘルニアの鑑別診断による徒手検査法です。

 ・下肢伸展挙上テスト S. L. R. Tstraight leg raising tes 
 ・ボンネットテスト Bonnet test 
 ・WRLテスト  Well leg rasing test
 ・ボウストリングテスト  Bragard test
 ・大腿伸張神経テスト  T.Femoral nerve stretch tes
 ・ブラガードテスト  Bragarad test
 ・ ケンプテスト  Kemp test
 ・ プレステスト  Press test
 ・ ラテラールプレステスト  Lateral press test
 ・ ノックサイン  Knock sign
 ・ サイアチックナーブパーカッションテスト  Sciatic nerve percussion test
 ・ バーンズ ベンチ テスト  Burn's Bench Test
 ・ シッティング ラセーグ テスト  Sitting Lasegue's Tes
 ・ マグヌソン テスト  Mafunuson's Test






disc hernia椎間板ヘルニア

〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL 06-6395-3366
日曜日も椎間板ヘルニア治療を行っております。

椎間板ヘルニア治療院ロゴ

手技療法によって自然治癒力を最大限に引き出し、根本からの改善をサポート
する事をイメージしてます。
LINE