椎間板ヘルニア治療専門サイト

Kemp

電話でのご予約・お問い合わせはTEL06-6395-3366

〒532-0004 大阪市淀川区西宮原1-6-36

椎間板ヘルニアの検査法について

ケンプテスト(Kemp test)

目的
腰部椎間孔圧迫(椎間孔狭小化)神経刺激テスト


検査法
立位で体を後方斜め(伸展・回旋・側屈)に曲げて行います。


検査結果
曲げた側に坐骨神経の走行に沿った痛みやしびれが出れば陽性となります。


鑑別診断
椎間関節のゆがみ、黄色靭帯の肥厚、椎間板の突出などの影響により痛みやしびれが増すことになります。片足立ちで左右が同じように腰を伸ばすことができ痛みがないのなら陽性率は高くなります。
また椎間関節症の局部痛との鑑別が必要になります。

痛みの分類として以下が挙げられます。
腰椎の局所の痛みは椎間板の損傷を疑います。
神経根性の痛みやシビレは椎間板ヘルニアを疑います。
曲げて圧迫された側の痛み・シビレは椎間板外側ヘルニアの損傷を疑います。
曲げて圧迫されていない(伸びている)側の痛み・シビレは椎間板内側ヘルニアの損傷を疑います。
































disc hernia椎間板ヘルニア

〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL 06-6395-3366

椎間板ヘルニア治療院ロゴ

手技療法によって自然治癒力を最大限に引き出し、根本からの改善をサポート
する事をイメージしてます。
LINE