椎間板ヘルニア治療専門サイト

血管年齢

電話でのご予約・お問い合わせはTEL06-6395-3366

〒532-0004 大阪市淀川区西宮原1-6-36

血管年齢について

血管年齢人の血管は30歳を過ぎた頃から変化してきます。

このころになると動脈が弾力性を失い始めて硬くなっていきます。

それは健康な人の身体でも硬くなります。

これによりコレステロールや中性脂肪などが硬くなった動脈の中に溜まってしまうと血管の内側が狭くなる状態が発生します。

その結果、血流が悪くなるので筋肉や骨などに熱や栄養がいかなくなります。

この血管が硬くなる状態を動脈硬化と呼んでいます。

動脈硬化は脳や心臓、腎臓などの動脈に起きやすいです。しかし動脈は全身に行き渡っているので腰や足にもあります。腰や足などに動脈硬化が起こると足腰の痛みやしびれ、だるさなどの症状が出るようになります。

これは血液循環が悪くなるから発生します。

この状態で活動してしまうと身体の歪みが起こり椎間板にも水分が補給されなくなるため椎間板ヘルニアを発生させてしまいます。






































disc hernia椎間板ヘルニア

〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL 06-6395-3366
日曜日も椎間板ヘルニア治療を行っております。

椎間板ヘルニア治療院ロゴ

手技療法によって自然治癒力を最大限に引き出し、根本からの改善をサポート
する事をイメージしてます。
LINE