椎間板ヘルニア治療専門サイト

カルシウム

電話でのご予約・お問い合わせはTEL06-6395-3366

〒532-0004 大阪市淀川区西宮原1-6-36

カルシウムについて

カルシウム椎間板ヘルニアとカルシウム不足は関係しています。

それではなぜカルシウムが不足すると椎間板ヘルニアになるのでしょうか?

体内のカルシウムは、99%は骨と歯に残りの1%が血液や筋肉などの組織にあります。

この1%のカルシウムが出血を止めたり、神経の働きや運動など生命の維持や活動に重要な役割をしています。

このためにカルシウムは常に骨に蓄えられています。

しかしカルシウム不足が毎日続くと慢性的な筋肉の緊張異常が起こってきます。

身体は副甲状腺ホルモンの働きを使って骨からカルシウムを取り出し血液中のカルシウム濃度を維持しようとします。

ですがカルシウムが不足していると筋肉の細胞中のカルシウムイオン濃度のバランスが崩れ筋肉の収縮・緊張に異常がみられます。

長期間の異常な筋肉の緊張は骨格の歪みを形成するために椎間板の圧力が増大するために椎間板ヘルニアが発生します。

カルシウムが不足の時の特徴的な症状は動かずに同じ姿勢でいる時(長時間のパソコン、電車で吊皮をもって立ったまま)に腰がだるい、痛い、太もも〜足にシビレがでるなど椎間板ヘルニアの症状がでてきます。

「椎間板ヘルニアかもしれない」と感じるときは運動などで体を動かしているときではなく動かないときです。

朝起きた時しばらく腰が痛いシビレるなどは代表的なカルシウム不足の症状になります。  

カルシウム不足にならないためには授乳期〜20代までの間はカルシウム補給が重要になります。それは、全身の骨密度は授乳期〜20代に決まってしまうからです。

この時期に不適切な食生活(外食やカップめんなど)をしていた人達の骨量は少なくなる為に加齢とともに積極的にカルシウム補給しても骨密度はあまり変化はしません。

椎間板ヘルニアの予防に大切なのはカルシウム不足にならないよう、牛乳やしらす干し・にぼしなどの小魚を骨ごと食べて十分なカルシウムを含んだ食生活に心がけましょう。


















disc hernia椎間板ヘルニア

〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL 06-6395-3366
日曜日も椎間板ヘルニア治療を行っております。

椎間板ヘルニア治療院ロゴ

手技療法によって自然治癒力を最大限に引き出し、根本からの改善をサポート
する事をイメージしてます。
LINE