本文へスキップ

環跳

電話でのご予約・お問い合わせはTEL06-6395-3366

〒532-0004 大阪市淀川区西宮原1-6-36

環跳

環跳『経穴名』
環跳

『経絡』
足の少陽胆経
膀胱経、陽維脈および陽蹻脈との交点

『経穴の位置』
横向きになって股関節を深く曲げて股関節の横紋の外端頭、大転子の前上方凹部にとります。

『由来』
このツボは「環」は環のように曲げること、「跳」は跳躍をさします。

『解剖』
筋肉:大腿筋膜張筋、大殿筋、中殿筋、小殿筋
神経:上殿神経、下殿神経
動脈:上殿動脈、上殿静脈

『主治』
腰痛、ヘルニア、坐骨神経痛、股関節の疾患、大腿部外側痛、大腿部運動障害、下肢の運動・知覚障害

腰の痛みを抱えている方は労働や姿勢、また加齢によって背骨が変形することで腰痛が発生します。そして筋肉に疲労が溜まり筋肉が固くなります。やがて固くなった筋肉が神経を圧迫するためにシビレや痛みが起こります。腰にあるツボを刺激することで固くなった筋肉を和らげ血液の流れがよくなることで疲労物質を流し身体の外に排出することで腰痛の改善がみられます。さらにこの環跳のツボは股関節のあらゆる疾患に対して効果がツボになり、椎間板ヘルニアからくる坐骨神経痛の症状を緩和することができます。





disc hernia椎間板ヘルニア

〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL 06-6395-3366
日曜日も椎間板ヘルニア治療を行っております。

椎間板ヘルニア治療院ロゴ

手技療法によって自然治癒力を最大限に引き出し、根本からの改善をサポート
する事をイメージしてます。
LINE