椎間板ヘルニアによる痛み本文へスキップ

椎間板ヘルニアの痛み

電話でのご予約・お問い合わせはTEL06-6395-3366

〒532-0004 大阪市淀川区西宮原1-6-36

椎間板ヘルニアと痛み

痛み

痛み「痛みはなぜ起こるのだろう」と疑問に思ったことないですか?

この痛みの種類は大きく分けると「ズキっとした鋭い痛み」と「ジンジンした鈍い痛み」の2種類あります。

1つめの「ズキっとした鋭い痛み」を例えるなら転倒した瞬間は足や手など地面に触れた部分が刺すように鋭く痛みを感じます。

しかし、時間の経過とともにズキっとした鋭い痛みはなくなってしまいます。つまり瞬間的に感じる痛みなのです。

2つめはジンジン鈍い痛みですが、これは長期間持続的に続きます。これは瞬間的にできる痛みではなく慢性的な痛みとして現れることが多いのです。

このように痛みを感じることがあっても瞬間的なズキッとする鋭い痛みなのか、持続的ジンジンする鈍い痛みなのかで痛みの回復具合も違ってきます。

ジンジンした鈍い痛みの正体はブラジキニンという発痛物質になります。

ブラジキニンという物質が発生しなければジンジンとした痛みも感じません。

ジンジンとした鈍い痛みは持続的に脳まで伝わります。

持続的に脳に伝わることで交感神経という動く神経が活発に働くようになります。

この動く神経が過剰に働くことで筋肉の緊張度は増し、そして血管を収縮させ血液の流れを悪くするのです。

血液循環が悪くなることで身体の中に酸素や栄養がうまく循環せず、筋肉が酸素や栄養不足状態になります。これにより血液からブラジキニンという発痛物質が出てくるのです。

この発痛物質であるブラジキニンが痛みの電気信号となり神経に伝って脳に痛みの電気信号が伝わることで「痛み」が感じるようになるのです。

また「痛み」があるということは、体が出す「危険信号」とも考えることが出来ます。我慢することにより、症状悪化に繋がることが多いです。

椎間板ヘルニアの多くは慢性的に身体に負荷がかかって発生しているので、筋肉を柔らかくして血液循環を良くすることにより痛みを和らげることができます。



ゲートコントロール説

中医学による痛みの種類

disc hernia椎間板ヘルニア

〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL 06-6395-3366

椎間板ヘルニア治療院ロゴ

手技療法によって自然治癒力を最大限に引き出し、根本からの改善をサポート
する事をイメージしてます。
LINE