椎間板ヘルニア治療専門サイト

腓骨神経麻痺

電話でのご予約・お問い合わせはTEL06-6395-3366

〒532-0004 大阪市淀川区西宮原1-6-36

腓骨神経麻痺

腓骨神経麻痺足を甲側に反らす運動障害で椎間板ヘルニアによる神経根障害と足の神経障害の場合があります。
足の神経障害の場合、膝より下の部分は腓骨神経の支配領域になります。この腓骨神経は太ももの裏で坐骨神経から別れ総腓骨神経となります。この総腓骨神経は腓骨頭(膝下の外側にある骨の出っ張り)の少し下の部分で深腓骨神経と浅腓骨神経の2本に分かれます。
この腓骨神経で最も大切なことは総腓骨神経が下腿の外側の骨の出っ張りの部分から骨に沿って走行しているために外からの刺激をうけやすく、そしてこの神経が骨との間に挟まれて圧迫を受けやすい構造になっています。そのためここでの神経麻痺がよく発生します。
例えばあぐらや横座り、寝ている間に骨の外側の出っ張っている部分を長時間圧迫してしまうことにより足を動こかそうとした時に足に力が入りにくくなりさらには足の甲側を反らすことができなくなります。

第1趾と第2趾の間は深腓骨神経の支配領域になり、その他足の甲の外側は浅腓骨神経の支配領域になります。また深腓骨神経は足首を甲側に反る働きをする前脛骨筋を支配しているのでこの神経が麻痺すると足首を甲側に反り返すことができなくなる運動障害が出現します。この足首を甲側に反り返す運動障害が起こると足の甲側にそらすことができなくなるので、歩いている時に足は上がっているつもりでもつま先が地面に引っかかりやすくなります。また踵のない靴(例、サンダルやスリッパなど)が歩いている時に脱げやすくなったり、ひどくなると足を上げることができなくなるので歩行困難な状態になります。これを下垂足と言います。

椎間板ヘルニアの場合、L4・L5間の神経根障害になると足首を甲側に反りかえる動作が困難になります。この時足の骨の出っ張りの部分を圧迫していなくても症状が起こってしまうのです。

ヘルニアからの神経根障害なのかあるいは腓骨神経麻痺による運動障害かどうかの鑑別が必要になります。もし椎間板の神経根障害である場合は咳やくしゃみ、立位前屈位などで痛みやしびれが発生します。腓骨神経麻痺の場合はシビレや痛みが発生しません。

このページの先頭へ



































disc hernia椎間板ヘルニア

〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL 06-6395-3366
日曜日も椎間板ヘルニア治療を行っております。

椎間板ヘルニア治療院ロゴ

手技療法によって自然治癒力を最大限に引き出し、根本からの改善をサポート
する事をイメージしてます。
LINE