椎間板ヘルニア治療専門サイト

ゴルフと椎間板ヘルニア

電話でのご予約・お問い合わせはTEL06-6395-3366

〒532-0004 大阪市淀川区西宮原1-6-36

ゴルフについて

 ゴルフと椎間板ヘルニア ゴルフのスイングは、腰から脚の下半身により一連の動作が支えられており正常な姿勢をしていないと下半身がブレてしまいます。

ゴルフスイングをする時に下半身のブレを抑えるゴルフの打ち方の理想な姿勢とは、どのようなものなのでしょうか?

 ゴルフの打ち方で理想な姿勢は、背筋をまっすぐに伸ばして立つことです。(反り返るほど背筋を伸ばすことは、かえって逆効果になります。)そして、背筋をまっすぐに伸ばして立った状態から、足の付け根から身体を曲げて前傾姿勢をとります。 この時に、背中や腰が曲がると、ゴルフする時の正常な姿勢がとれなくなります。

 次に、両腕の力を抜いた状態(ぶら〜んとした状態)で体の前にたらします。この状態で両膝を軽く曲げて体を安定させることです。 膝の曲げ具合に影響するのはスタンスの幅になります。スタンス幅が広い人は、体の柔軟性がある人です。逆に体が硬い人はスタンス幅が狭くなります。 硬い人が広いスタンスを取るとひざが伸びて体重移動もできなく身体に負担がかかります。

 ゴルフをする時の正常な姿勢になった時に体が前後にグラつくようならどっしり安定するようバランスを取り直します。正常な姿勢でしないとスウィングの時に腰の捻りや腕の遠心力により下半身がブレてしまい、腰やお尻、脚の筋肉、背骨に負担がかかり椎間板の内圧が上がることによって椎間板ヘルニアを引き起こしてしまいます。 これは人間の構造学的な問題ではありますが、前屈状態が椎間板に対して最も圧力をかけてしまう事によるものです。


このページの先頭へ

disc hernia椎間板ヘルニア

〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL 06-6395-3366
日曜日も椎間板ヘルニア治療を行っております。

椎間板ヘルニア治療院ロゴ

手技療法によって自然治癒力を最大限に引き出し、根本からの改善をサポート
する事をイメージしてます。
LINE