椎間板ヘルニア治療専門サイト

ぎっくり腰

電話でのご予約・お問い合わせはTEL06-6395-3366

〒532-0004 大阪市淀川区西宮原1-6-36

ぎっくり腰


あるとき突然、腰が痛くなる疾患として、「ぎっくり腰」があります。正しくは、「急性腰痛」といい多くの原因は不意の動作(前かがみやひねる動作、重たいものを持ち上げた時)が引き金となっておこります。もともと腰椎に何らかの問題が生じていて、それに加えて無理な動作をしたり、腰に負担をかけた結果、
ぎっくり腰になります。ぎっくり腰の痛みは「魔女の一撃」といわれるほど痛みは強く、ひどいときは寝返りも打てないほどになります。
また高齢者のぎっくり腰は気を付けなければいけません。
骨粗鬆症を患っていう方に多い腰痛として『脊椎圧迫骨折』があります。
この疾患は、上下方向の圧力と前屈によって発症することが多く、例えば、爪を切ろうとして前屈したとき、靴下を履くとき、ふとんの上で尻もちをついたとき、バスで上下にバウンドしたときなど軽微な外力で容易に骨折することがあります。ぎっくり腰で『筋肉を痛めたと思っていたら、骨折していた』ということもありえます。
好発部位は胸腰椎移行部で叩くと痛みを誘発します。
高齢の方で、急に腰痛を引きおこした場合には気をつけなければなりません。





disc hernia椎間板ヘルニア

〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL 06-6395-3366
日曜日も椎間板ヘルニア治療を行っております。

椎間板ヘルニア治療院ロゴ

手技療法によって自然治癒力を最大限に引き出し、根本からの改善をサポート
する事をイメージしてます。
LINE