椎間板ヘルニア治療専門サイト

FNS

電話でのご予約・お問い合わせはTEL06-6395-3366

〒532-0004 大阪市淀川区西宮原1-6-36

椎間板ヘルニアの検査法について

大腿神経伸張テスト(FNSテスト)T.Femoral nerve strech test

目的
 上位腰椎椎間板ヘルニア(L2〜L4)の鑑別 

検査方法
 腹臥位で股関節伸展位で膝を屈曲させていきます。
 
 通常:骨盤を固定せずに徐々に膝関節を屈曲させます。

 増強法:膝関節を最大限に屈曲させ、大腿部を過伸展させ更に内転を加えます。

検査結果
 大腿前面に痛みが誘発されれば陽性になります。


検査の意味
 上位腰椎椎間板ヘルニア(L2〜L4)で陽性になります。
 鼠径部や股関節の痛み加えて、大腿前面に痛みが走れば、L3の神経根の圧迫を疑います。
大腿前面から下腿部前面に痛みが広がる場合はL4の神経根の圧迫を疑います。
大腿外側に痛みが再現されれば、外側大腿皮神経の刺激、圧迫を疑います


鑑別診断
 骨盤がベットから離れて持ちあがる現象を診ていき大腿四頭筋の短縮などの鑑別が大切になります。他に外側大腿皮神経障害との鑑別も必要になります。






























disc hernia椎間板ヘルニア

〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL 06-6395-3366

椎間板ヘルニア治療院ロゴ

手技療法によって自然治癒力を最大限に引き出し、根本からの改善をサポート
する事をイメージしてます。
LINE