本文へスキップ

電気治療

電話でのご予約・お問い合わせはTEL06-6395-3366

〒532-0004 大阪市淀川区西宮原1-6-36

電気治療について

ssp 命ある動物のあらゆるものの身体には常に独自の電気が身体の中で起こっています。
人間もその中の1つで、脳や心臓等の内臓・筋肉・神経など身体のあちこちから自分では感じることのできないごく弱い電気を発しています。
これは人間が身体を正常に機能させていくうえで必要な働きをしています。

この電気に異常が起きると身体にも異常が現れるので身体の外部から弱い電気を流して治療を加えます。

 電気治療には痛みに対してのマッサージ効果と血行促進効果・自律神経の調節・鎮痛効果があります。電気治療は運動神経を刺激してくれます。筋肉は体内の電気信号により動いているため体の外から電気刺激を与えると動かそうとしなくても筋肉を動かすことができるのでマッサージ効果が得られます。そして筋肉を電気刺激で揉みほぐすことで硬くなった筋肉が柔らかくなるために血流がよくなります。筋肉の刺激によって血液循環が良くなるので血液に乗って痛みを起こしている発痛物質を流し出し鎮痛効果が得られるのです。

 さらに知覚神経を刺激するため脳から出るエンドルフィンという鎮痛物質の分泌も盛んになり痛みを伝達する機能に変化を及ぼし、脳に痛みの感覚を伝えにくくするといわれています。

 電気にはプラス極とマイナス極の二つの電極がありこの2つの電極を身体に流すことで電気が流れます。2つの電極にはそれぞれの働きがあります。プラス極の働きは神経を興奮させて、麻痺した神経および筋の働きを活発にさせる働きがあります。
続いてマイナス極の働きは神経の働きを抑える鎮痛・鎮静作用があります。

症状に応じて使い分けるとより効果的に治療ができます。

椎間板ヘルニアの人は無理な姿勢や動きを続けて症状を悪化させたり痛みを慢性化させたりするしているので電気治療でまずは痛みを軽減していきませんか?





















disc hernia椎間板ヘルニア

〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL 06-6395-3366
日曜日も椎間板ヘルニア治療を行っております。

椎間板ヘルニア治療院ロゴ

手技療法によって自然治癒力を最大限に引き出し、根本からの改善をサポート
する事をイメージしてます。
LINE