本文へスキップ

大腸兪

電話でのご予約・お問い合わせはTEL06-6395-3366

〒532-0004 大阪市淀川区西宮原1-6-36

大腸兪

大腸兪『経穴名』
大腸兪

『経絡』
足の太陽膀胱経

『経穴の位置』
第4腰椎から外側へ指幅2本分ほど離れた所にあります。腰の左右にある大きな腸骨の最上部を結んだちょうどベルトの高さで第4腰椎と第5腰椎の間の両側指2本分外側にあります。

『由来』
大腸兪の大腸は大腸の意味で兪は注ぐという意味です。つまり大腸兪は大腸に気血を注ぐツボで大腸の病や腰痛に効果があります。

『解剖』
筋肉:胸腰筋膜、広背筋、下後鋸筋、脊柱起立筋
神経:運動神経・肋間神経、胸背神経  知覚神経・腰神経後枝 
動脈:腰動脈、腰静脈

『主治』
腰痛、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、背中のこわばり、腰から足にかけての痛み、腹痛、慢性の下痢、弛緩性便秘、慢性腸炎、排便排尿困難、帯下

腰の痛みを抱えている方は労働や姿勢、また加齢によって背骨が変形することで腰痛が発生します。そして筋肉に疲労が溜まり筋肉が固くなります。やがて固くなった筋肉が神経を圧迫するためにシビレや痛みが起こります。腰にあるツボを刺激することで固くなった筋肉を和らげ血液の流れがよくなることで疲労物質を流し身体の外に排出することで腰痛の改善がみられます。大腸兪は文字の通りお腹の疾患に対して効果があります。さらに大腸兪のツボの位置で腰の構造上からみると腰の疾患(腰椎椎間板ヘルニアや腰椎すべり症、坐骨神経痛)あるいは座った時の腰への負担を軽減させる効果があります。


























disc hernia椎間板ヘルニア

〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL 06-6395-3366
日曜日も椎間板ヘルニア治療を行っております。

椎間板ヘルニア治療院ロゴ

手技療法によって自然治癒力を最大限に引き出し、根本からの改善をサポート
する事をイメージしてます。
LINE