本文へスキップ

大腿筋膜張筋

電話でのご予約・お問い合わせはTEL06-6395-3366

〒532-0004 大阪市淀川区西宮原1-6-36

椎間板ヘルニアに関係する筋肉について

大腿筋膜張筋について

 大腿筋膜張筋は股関節の外転筋ですが、股関節を曲げる時に股関節が外側に開くのを防ぐ役目をしています。これは歩行の際に腸腰筋(大腰筋と腸骨筋)は股関節を外側に開くような働きをしますが、大腿筋膜張筋はこの動きを防いで脚がまっすぐ前に運ばれるようにします。日常生活で習慣的に足を組んだり片足立ちすると大腿筋膜張筋が緊張してきます。この大腿筋膜張筋が緊張すると骨盤の開きや背骨の歪み・股関節痛・膝の痛み・歩行の際に痛みが出るようになります。
更に歪みが強くなると椎間板に対する圧力も増大するので椎間板ヘルニアにもなってしまいます。だから大腿筋膜張筋の緊張を緩め身体がまっすぐになる必要があるのです。

 【起始】
・腸骨稜外唇、上前腸骨棘から起こり、大転子の前を通り、腸脛靭帯に移行して足元へ向かいます。大腿筋膜腸筋
【停止】
・脛骨の外側顆

【作用】
・股関節を屈曲、外転、内旋させる
・腸脛靭帯を緊張させ、膝を安定させます。
・下腿を伸ばすと膝を外転させます。
・大殿筋より発生した回旋運動を変化させます。

【神経支配】
・上殿神経(L4・L5・S1)

【血管支配】
・外側大腿回旋動脈

【関連痛】
・大転子の下外側〜腓骨

























disc hernia椎間板ヘルニア

〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL 06-6395-3366
日曜日も椎間板ヘルニア治療を行っております。

椎間板ヘルニア治療院ロゴ

手技療法によって自然治癒力を最大限に引き出し、根本からの改善をサポート
する事をイメージしてます。
LINE