本文へスキップ

大殿筋

電話でのご予約・お問い合わせはTEL06-6395-3366

〒532-0004 大阪市淀川区西宮原1-6-36

椎間板ヘルニアに関係する筋肉について

大殿筋について

 大殿筋は臀部全体を覆う大きな筋肉で股関節の後ろに伸ば大殿筋す筋ですが、股関節を外に開く働きもあります。

大殿筋は腸腰筋と協力して動くので、階段を昇る際など腸腰筋が太ももを前に持ち上げて足を上段に移し、ついで大殿筋が太ももを後ろに引く働きをしています。大殿筋は殿筋群の中で最も大きくて最も表層にありこの下には中殿筋があり、更にその下には小殿筋があります。

 大殿筋を触るのは簡単でヒップの膨らみがこの筋肉になります。大殿筋には背筋を伸ばす働きがありますがこの筋肉の過緊張は腰椎の前弯を消失させます。
すると背骨がまっすぐになるので椎間板にかかる圧力が大きくなります。

長時間の座ったままや長時間の上り坂を歩く登山などで障害されやすいです。

また骨盤の安定化に関係しており、大殿筋は股関節痛みの他に尾てい骨の痛みも引き起こします。

【起始】
・仙骨、尾骨の後面、腸骨稜の後方1/4

【停止】
・大腿骨の大転子を超えて浅層は大腿筋膜の外側部で腸脛靭帯に移り、深層は大腿骨の殿筋粗面に停止します。

【作用】
・股関節の伸展・外旋(股関節の外転の補助)

【神経支配】
・下殿神経(L4・L5・S1・S2)

【血管支配】
・上殿動脈、下殿動脈・内側大腿回旋動脈・大腿深動脈の第1貫通動脈

【関連痛】
・臀部




















disc hernia椎間板ヘルニア

〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL 06-6395-3366
日曜日も椎間板ヘルニア治療を行っております。

椎間板ヘルニア治療院ロゴ

手技療法によって自然治癒力を最大限に引き出し、根本からの改善をサポート
する事をイメージしてます。
LINE